外来診療を受診されるみなさま

HOME > 外来診療 > 診療科のご案内 > 消化器内科

診療科のご案内

診療科一覧

消化器内科
  • 概要
  • 医師紹介
  • 診療実績
概要

 政策医療、病診連携、教育研修を中心にした、高度先進医療を目指し、地域に貢献できる消化器内科を実践する。

上部消化管内視鏡検査
 消化器疾患の診断や治療方針決定に必須の検査です。三次救急指定病院の当院では、消化管出血に対する止血処置など、24時間救急に対応しています。胃癌の頻度は低下傾向にありますが、いまだ高い死亡原因疾患です。拡大内視鏡診断やNBI診断を用いた上部消化管内視鏡検査により、早期胃癌の発見・治療に努めています。早期胃癌の治療においては癌治療ガイドラインに従い、局所切除で治癒と考えられる症例に対しては、広範囲一括粘膜切除術を施行しています。

ヘリコバクタ-ピロリ(HP)菌除菌療法
 HP菌は人において最も高頻度の慢性感染症であり、持続感染にて胃粘膜萎縮、消化性潰瘍を釆たします。除菌治療が成功すると胃炎が改善し、潰瘍の再発が抑制されることが確認され、適応例には積極的に治療しております。

下部消化管内視鏡検査
 増加傾向にある大腸癌に対しては内視鏡検査による大腸癌検診を積極的に施行しています。 上部消化管と同様、拡大内視鏡診断やNBI診断により、悪性病変診断や内視鏡切除適応診断精度の向上に努めています。また、難病である潰瘍性大腸炎、クローン病の診断治療にも対応しています。

胆道結石・胆道感染症に対する緊急内視鏡検査・治療
 胆道結石症による閉塞性黄疸、化膿性胆管炎に対する緊急内視鏡検査・治療も24時間、専門医が対応しています。

 >> 内視鏡センターについて詳しくはこちら

抗癌剤治療
 高齢者社会を迎え、一般病院でも癌疾患診療の占める割合は非常に増加しています。
 進行癌術後の再発を抑制する補助的な抗癌剤治療や、進行再発癌の予後の改善には抗癌剤治療が必要です。近年では有効性や安全性の高い薬剤が開発さ、外来通院での抗癌剤治療は増加しています。当院では安全、かつ高い医療レベルを提供できるようにシステム整備や医療チームの充実を計り、外来化学療法を行う通院治療室(外来化学療法)を開設、1ヶ月平均100件の外来化学療法を施行しています。

 >> 通院治療室(外来化学療法)について詳しくはこちら

認定

日本消化器内視鏡学会指導施設
日本消化器病学会専門医制度認定施設
日本内科学会認定医制度教育関連病院
日本がん治療認定医機構認定研修施設

検査・治療のご紹介

当科での消化器疾患に対する診断・治療のあらまし

上部消化器疾患 >> 上部消化器疾患診断・治療について詳しくはこちら

 1) 各種食道・胃・十二指腸疾患に対する内視鏡診断

 2) 超音波内視鏡による癌深達度診断

 3) 早期食道癌・早期胃癌に対する粘膜切除術などの内視鏡的治療

 4) 進行食道癌、胃癌に対するステント治療

 5) 内視鏡的胃瘻造設

 6) 出血性胃・十二指腸潰瘍に対する緊急止血術

 7) 食道静脈瘤に対しては内視鏡的食道静脈瘤硬化療法

 8) 胃・十二指腸潰瘍に対するヘリコバクターピロリの除菌療法

下部消化器疾患 >> 下部消化器疾患診断・治療について詳しくはこちら

 1) 大腸癌に対する内視鏡および超音波内視鏡を用いた的確な診断と治療方針の決定

 2) ポリープや早期大腸癌に対する内視鏡切除(短期間の入院)

 3) 潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患に対する内視鏡診断と薬物療法・栄養指導などの総合的治療

肝胆膵疾患 >> 肝胆膵疾患診断・治療について詳しくはこちら

 1) 胆石症では内視鏡的検査を診断・治療を積極的に応用して、患者さんにとって最善の治療法を選択している。

 2) ERCPや超音波内視鏡を用いた悪性腫瘍の早期診断

 3) 閉塞性黄疸例に対する内視鏡的胆道ドレナージ術・体外への胆道ドレナージ術

 4) ウイルス性慢性肝炎には適応を選択した上でインターフェロン療法

 5) 肝硬変には腹部超音波検査やCTスキャンによる肝細胞癌の早期発見

 6) 肝細胞癌に対しては肝動脈塞栓術(TAE)や経皮的エタノール注入療法(PEIT)

抗癌剤治療紹介

消化器癌化学療法について

 消化器癌の第一選択は外科治療です。切除不能の進行再発癌に対しては抗癌剤治療による予後の改善が確認されています。また胃癌(ACTS-GC)、大腸癌(NSAS-CC)においては、手術後の補助化学療法により手術単独に比較し、有意に生存率を改善することが大規模な臨床試験で証明され、抗癌剤治療の必要性が確認されました。
 胃癌においては減少傾向にありますがいまだ頻度の高い癌であり、1998年には10万人を超える新しい患者さまが確認されています。早期胃癌の5年生存率は90%以上ですが、ステージWでは10%未満ときわめて不良で、抗癌剤治療に対する期待が強く、年間5万人以上の進行再発患者さんが抗癌剤治療を受けておられます。消化器内科では希望される場合には倫理審査の上、臨床試験治療を行っております。
 大腸癌においては欧米で標準的治療として確立されたFOLFOX療法に加え、2007年6月に分子標的薬であるアバスチンの保険収載がなされ、 国内での使用が可能とりました。新薬の開発により進行再発直腸結腸癌の生存期間は著しく改善されています。
 癌化学療法は、患者さまの不安感が強く、有害事象の発症などリスクの高い治療を受け入れるためには、十分な説明が必要です。消化器内科では抗癌剤治療の標準化・効率化による安全性の確保や、患者さまの説明にクリニカルパスを導入しています。
 現在多くの施設で癌化学療法は外来で行われています。癌化学療法が外来で行われるようになった医学的背景には、副作用が少なく有効性の高い薬剤の開発や、5H3blokerやGCSF製剤などによる副作用対策の進歩にあります。 患者さま側の背景には社会生活を送りながら癌の治療を受けるという、生活の質を要望する考えや、入院生活に高い安全や生命予後を得られなく、大きい経済的負担についての認識が高まったことにあります。
 当院では外来での抗癌剤治療が安全に行えるように、外来化学療法室である通院治療室を整備しております。

NST(栄養サポートチーム)

 NSTとは、Nutrition Support Team(栄養サポートチーム)の略です。
 栄養管理に関する専門知識・技術を持った医師、看護師、栄養士、薬剤師、リハビリテーションスタッフなどからなる栄養管理を行うチームのことです。
 1970年代に米国で生まれたシステムです。
 栄養サポートチームが栄養管理を行うことにより、入院患者様の栄養状態の改善が早く、患者の平均在院日数が短くなると報告されています。
 NSTは欧米諸国で急速に広がり、近年では日本でも栄養管理の重要性が認識されるようになり、定着しつつあります。

済生会滋賀県病院でのNSTについて
 当院でも平成17年1月にNSTを設立しました。
 消化器内科医師1名・外科医師1名・薬剤師1名・理学療法士1名・臨床検査技師1名・看護師5名・栄養士3名で活動を開始しました。

NSTの設立目的
 入院患者さんの栄養状態を評価し、栄養管理が必要な場合は病状に応じて栄養管理(経口・経腸・静脈栄養)を検討し、早期の栄養状態の改善および治療の質の向上を目的として設立しました。

NST活動
 入院患者様のなかで、栄養状態の改善が必要と考えられる患者さんを対象にしています。
 NSTの回診にて身体計測(身長、体重、皮下脂肪の厚さ等)を行い、身体症状を把握。NSTカンファレンスにて体重変化、経口摂取量、消化器症状、活動性、さらに血液検査データから栄養状態の評価必要カロリーを確認し、栄養状態の改善をすべく対策を検討します。
 最終的に患者さんに最適な点滴メニュー、食事、栄養補給の方法(経口・経腸・静脈)などを主治医に提案します。
 また、定期的に勉強会を行い、知識の向上、情報提供を行っています。
 NST回診は隔週で、勉強会は月1回程度行っています。
 患者さんのQOLの向上において貢献できるようにNSTスタッフ一同が全力で取り組んでいきたいと考えております。

研修プログラム

消化器内科研修プログラムの目標と特徴

 消化器内科として身に付けるべき、基本的消化器疾患の身体所見の診かたの十分に修得に加え、当院での特徴は救急患者のprimary careに重点を置いて研修していただきます。
 本院は救急疾患患者の入院が多く、疾患は多岐にわたり、臨床経験10年以上の指導医の元に、基本的診療や幅広い疾患の治療研修を行なうことが可能です。
 消化器内科医に必要な、検査手技である消化管造影検査や上部消化管内視鏡検査に関して、患者さんに十分な説明ができる様に検査の必要性・危険性を十分に理解した上で研修していただく事を基本としています。
 研修中には救急疾患症例に対する検査も可能になるように、指導医の元に技術修得し、検査所見の読影能力も十分に学習していただきます。

研修を希望される先生に

 当院は消化器症状を訴える救急疾患の搬入数は滋賀県湖南地区で最多です。
 緊急性の高い消化器診断には腹部CT検査や内視鏡診断診断が重要です。
 さらに診断に加え、緊急治療に結びつく内視鏡検査は消化器内科医の最も重要な検査手技であります。
 研修される若い医師は専門医と共に、緊急症例の診断治療に従事していただきます。
 短期間で極めて多くの症例を経験していただくことが可能であると考えています。

消化器後期研修プログラム

教育指導責任者:重松 忠

1. プログラムの目的と特徴

 済生会滋賀県病院消化器内科における後期研修は、消化器病学における幅広い知識と技能を有し、質の高い医療が実践でき、さらに腹部救急疾患に対応できる消化器専門医の育成を目的としている。
 消化器内科の特徴は、消化管および肝・胆・膵にわたる多彩な疾患が、多数集まり、消化器病全体の研修が可能な点である。
 さらに当院は3次救急指定病院であり、救急搬入される消化器疾患救急を数多く経験することにより、疾患の病態生理や治療を実際の診療を通じて習得するように考えている。
 癌診療に関しても研修項目に設定しており、基本的な抗癌剤の薬理作用・有害事象の認識から患者とのコミュニケーション技術について習得する。

2. 研修内容と到達目標

 消化器専門医としての知識と技能を修得するために、3年間の研修期間が予定されている。
 研修の目的が消化器疾患の病態生理とその治療の理解、消化器病における診断・治療手技の習得、臨床症例研究、およびチーム医療の研修医の指導がある。

1年目
 主に入院患者の診療を通し、消化器疾患全般にわたる病態生理とその治療を理解する。
 腹部超音波検査、腹部CT・MRI検査、上部・下部消化管造影検査、上部消化管内視鏡検査、肝生検、腹部血管造影検査など、消化器病の診断に必須の検査を習得する。週に1回の消化器初診外来を指導医のもとに担当する。
 入院患者は指導医の指導のもとに診療を行う。
 患者への病状説明、内視鏡検査などの侵襲性の高い検査説明は指導医のもとで行う。
 消化器癌治療の上で患者とのコミュニケーションが必須であり、インフォームドコンセントの重要性を認識させる。
 抗癌剤の種類・投与法・副作用の認識をさせる。

2年目
 消化器専門外来診療が週1日加わり、症状や理学所見から、検査を選択し、診断・治療を行う能力を養う。
 救急や外来で遭遇するごく一般的な疾患を含めた消化器疾患の理解をさらに深める。
 超音波下穿術、内視鏡的膵胆管造影の介助を行う。
 内視鏡的治療の習得として、上部下部消化管の粘膜切除、上部下部消化管出血に対する内視鏡的止血処置(HSE注入、クリッピング)、食道静脈瘤の内視鏡的治療(EVL、EIS)の手技の助手を行う。
 入院患者の診療、内視鏡検査説明などは指導医の指示により行う。
 癌治療患者も指導医のもとに担当する。
 抗癌剤の種類・投与法・副作用の認識し研修医に指導できる。

3年目
 グループ診療制の指導医の立場となり、研修医/ジュニアレジデントの教育に当たる。
 検査・治療手技として、上記をさらに習熟し、超音波内視鏡、ERCP、PTCD/PTGBD、エコーガイド下腫瘍生検、エタノール注入療法、および内視鏡的上部下部消化管粘膜切除、消化管出血止血術などを自ら実施する。
 癌治療患者も指導医として担当する。
 抗癌剤投与の指示、患者の精神的ケアができる。
 指導医のもとに、臨床症例研究発表または症例報告論文として発表することを目標とする。

>> 後期臨床研修についての応募方法・申込先等はこちらをご覧ください。

研究会・カンファレンス

滋賀消化器研究会
滋賀肝・胆・膵勉強会
滋賀化学療法研究会
湖南消化器疾患研究会
湖南・東近江消化器カンファレンス
琵琶湖消化器カンファレンス