外来診療を受診されるみなさま

HOME > 外来診療 > 診療科のご案内 > 神経内科

診療科のご案内

診療科一覧

神経内科
  • 概要
  • 医師紹介
  • 診療実績
認定

日本神経学会専門医制度准教育施設
日本脳卒中学会専門医認定研修教育病院 

神経内科ページのご案内(目次)
神経内科とは、どんな病気を扱う内科でしょう?

 神経内科は脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。
 体を動かしたり、感じたりする事や、考えたり覚えたりすることが上手にできなくなったときに、神経内科の病気を疑います。症状としてはしびれやめまい、うまく力が入らない、歩き難い、ふらつく、突っぱる、ひきつけ、むせ、しゃべり難い、物が二重にみえる、頭痛、勝手に手足や体が動いてしまう、物忘れ、意識障害などたくさんあります(心当たりの症状がある方は、「よくある症状」欄を御参照ください)。
 もちろん、すべてが神経内科の病気が原因とは限りません。骨や関節の病気がしびれや麻痺の原因なら整形外科に、手術などが必要なときは脳神経外科に、精神的なものは精神科などにご紹介します。どの診療科に受診するのが一番ふさわしいか、わからない場合は前もって問い合わせて頂いても結構です。当院は、受診科の相談について専門の担当者が対応しています。

神経内科と他の科はどのように違うでしょうか?

 よく神経内科はわかりにくいと言われます。
 科の名称が紛らわしいためと思いますが、特に間違えられやすいのが精神科、精神神経科、神経科、心療内科などです。これらの科は精神科の仲間で、おもに気分の変化(うつ病や躁病)、精神的な問題を扱う科です。

 神経内科はこれらの科と異なり、精神的な問題からではなく、脳や脊髄、神経、筋肉に病気があり、体が不自由になる病気を扱います。
 精神科の病気のほとんどが実際に病気の患者さまの脳を拝見しても異常を見つけられないのに対し、神経内科で扱う病気は脳をみるとなにかしら病気の証拠をみつけることができます。

よくある症状
頭痛

急性におこった頭痛で、これまでに経験がないひどい頭痛、突発して短時間でピークに達するような頭痛、熱がある、手足の麻痺やしびれを伴うような場合には至急受診して正確な診断を受けるほうがよいでしょう。

以前から同じような頭痛を繰り返している場合は慢性頭痛で生命の危険はないことが大部分です。片頭痛や緊張型頭痛が代表的です。片頭痛の特効薬や予防薬など最近はよい治療法もありますので、一度神経内科を受診されるとよいでしょう。慢性頭痛でも、頭痛が経過と伴に悪化してくるような場合には脳腫瘍や慢性硬膜下血腫などの可能性もあります。

慢性頭痛症を正確に診断できる医師はまだ少ないのが現状です。頭痛でお悩みで、現在の診察や治療に満足できない場合には頭痛を専門的に取り扱っている神経内科を受診してみて下さい。当科は、独自に作成した「頭痛問診表」を利用して、患者さんの頭痛の特徴をしっかり把握し、頭痛診療に役立てています。

慢性頭痛症の中には難治性のものもありますので、必ずしもすべての頭痛に対して完全に痛みを消してしまえる治療法があるわけではありません。現在の利用可能な治療薬、治療法を駆使して、頭痛による日常生活・仕事・家事・学業などへの悪影響を最小限にする努力を担当医師と患者さん御自身との共同作業で実施するものと理解していただくのがよいと思います。その際、「頭痛ダイアリー」を記載して頂くことがあります。「頭痛ダイアリー」では、頭痛の様子や頭痛薬の効果を毎日記載して頂くことで、御自身の症状を正しく把握するだけでなく、御自身の症状を正しく短時間で伝えることは、正確な診断と治療方針の決定に役立ちます。

うまく力がはいらない(脱力)

手に力が入らない、足に力が入らないなどの症状があると、上手に箸を使えなかったり、歩き難くなります。特に、急に体の片側の手足(例えば右の手足など)が同時に動き難くなったり、顔つきがかわったり(顔面麻痺)、呂律がまわらないときなどは脳卒中の可能性があるので、なるべく早く神経内科を受診されるようお勧めします。受診が早いほど治療が早くはじめられ、後遺症が少なくてすみます。手足に力が入らないなどの症状が緩徐に進行する場合は、慢性的に神経や筋肉が障害される病気の可能性があります。また、脊髄や手足の先にいく神経がいたんでも力が入らないことがあります。原因によって治療がちがいますので、まず神経内科で診てもらいましょう。

しゃべり難い、呂律が回らない

しゃべり難い、呂律が回らないの症状が突然出現する場合は、脳卒中の可能性があります。なるべく早く神経内科を受診されるようお勧めします。舌の動きが悪くなると呂律が回らなくなります。また、唇の動きや顔面の筋肉の動きが悪くてもしゃべり難くなります。なかには、頭で考えてわかっているのに言葉にしようと思うとでてこないという場合もあります。まず、どこが悪くてしゃべりにくいのかを見極める必要があります。神経内科にご相談ください。

歩き難い、ふらつき

下肢に脱力があり歩き難い場合、バランスが悪く歩き難い場合、力は入るのに足がつっぱってしまって歩き難い場合など、歩き難さには色々な原因があります。まず、なにが悪くて歩き難いのかをみつけることが肝心ですので、神経内科を受診してください。

ものが二重に見える

片目ではぼやけないが、両目で見るとものがぼやけて見えたり、二重に見えるときは視力自体の問題ではなく、眼球を動かす筋肉や神経がいたんでいる可能性がありますので、早めに神経内科を受診してください。

しびれ

「しびれ」とは、長く正座した後のようにジンジンする異常な感覚です。手足の感覚を脳に伝える神経の経路に病気が起これば、感覚が麻痺したり、刺激されて何も触れていないのにジンジンしたりします。いろいろな病気でこの経路が傷つきます。脳が侵されることもあれば、脊髄が障害されることもあります。脊髄から出て手足の筋肉や皮膚など全身に分布する末梢神経の病気でしびれが起こることもよくあります。侵される部位によって、病気の原因は実に様々です。急にしびれが起こったか、じわじわといつの間にか起こってきたかによっても病気の原因は異なります。内科の病気に伴って「しびれ」が起こることもよくあります。たとえば、糖尿病では末梢神経障害を起こしやすく、いつの間にかジンジン感が起こったり、急に痛みを伴って運動麻痺が起こることもあります。脊椎の病気、たとえば、椎間板ヘルニアや変形性脊椎症でも、脊髄や、脊髄から末梢神経が出るところ(神経根)で圧迫を起こしやすく、よく「しびれ」がみられます。脳卒中でも「しびれ」はよく出ます。

このように「しびれ」の原因は実にさまざまです。「しびれ」が出たら、安易に放置しないで神経内科か整形外科を受診されるのがよいと思います。神経内科か整形外科のどちらの科を受診したら良いか、わからない方は総合案内に御相談下さい。「しびれ」の範囲や程度により適切な受診科をお勧め致します。

めまい

めまいは、からだのバランスを保つ機能に障害が起こると生じます。めまいの感じ方は、「自分のからだが回っている」、「自分のまわりの地球が回っている」、「雲の上を歩くようにふわふわする」、「谷底に引きずり込まれるように感じる」など、さまざまです。からだの平衡をつかさどる器官には三半規管、耳石器、前庭神経、脳幹、視床、大脳皮質があります。このどの場所が障害されてもめまいがおこりますが、大きく分けると、耳から生じるめまい(三半規管、耳石器、前庭神経)と、脳から生じるめまい(脳幹、視床、大脳皮質)、さらに特に老人に多いめまいの3つに分けることができます。耳から生じるめまいの場合は難聴や耳鳴りや耳がふさがった感じを伴ったり、頭を動かした直後にめまいが生じることが多いので、このような方は耳鼻咽喉科受診をお勧めします。脳から生じるめまい(脳幹、視床、大脳皮質)の場合は、ふらつきを伴うことが多く、このような方は神経内科受診をお勧めします。

勝手に手足や体が動いてしまう、手足のふるえ

勝手に手足や体が動いてしまい、自分では止められないことがあります。いろいろな動き方があり、種類によって原因も違います。また手のふるえはよくみられる症状ですが、中にはパーキンソン病の始まりであることもありますので神経内科を受診しましょう。

ひきつけ、けいれん

手足をつっぱり倒れて泡を吹くてんかんが有名ですが、もっと軽いものもあります。筋肉がぴくぴくするようなけいれんもありますし、あしがつるというようなけいれんもあります。てんかんや筋肉の病気、神経の病気などいろいろな原因が考えられるので、神経内科で御相談ください。

物忘れ

年をとると「もの忘れ」をして困るという経験は、どなたにもあるかと思います。多くの場合、あまり心配いりません。しかし、もし「もの忘れ」がだんだんひどくなるようでしたら要注意です。ご自身あるいはご家族の方に、下記のような変化(症状)がありましたら、神経内科医などの専門医にご相談して下さい。

よくある疾患(神経内科で取り扱う代表的な疾患)
脳梗塞

「脳梗塞」「脳出血」「クモ膜下出血」を「脳卒中」と言います。神経内科では、この中の「脳梗塞」を中心に治療に当たります。脳梗塞は、脳の血管が細くなったり、血管に血栓(血のかたまり)が詰まったりして、脳に酸素や栄養が送られなくなるために、脳の細胞が障害を受ける病気です。脳梗塞は詰まる血管の太さやその詰まり方によって、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症、ラクナ梗塞などのタイプに分けられます。症状やその程度は障害を受けた脳の場所と範囲によって異なります。

脳梗塞の種類

脳梗塞急性期治療には抗血栓療法、脳保護療法、抗脳浮腫療法があります。抗血栓療法には、血小板の働きを抑えて血栓ができるのを防止する抗血小板療法とフィブリンができるのを防止する抗凝固療法があります。脳梗塞のタイプにより脳梗塞急性期治療は異なります。また、脳梗塞超急性期治療としては2005年10月より組織プラスミノーゲンアクチベータ(tPA)という血栓溶解剤を用いた血栓溶解療法(血栓や塞栓を溶かす薬を使って治療します)が可能となり、当院でも行っています。2012年10月より脳梗塞超急性期治療の適応が脳梗塞発症後3時間以内より4.5時間以内に延長され、当院も適応拡大に対応しております。当院では、年20例前後の脳梗塞超急性期治療(t-PA治療)を施行しており、県内トップレベルの件数です。脳梗塞の診療においては、急性期や慢性期治療方針の決定に脳梗塞のタイプ(アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症、ラクナ梗塞など)を正確に判断することが重要です。そのため頭部MRI検査、脳血管の検査(血管超音波検査、MRアンギオグラフィー、CTアンギオグラフィー、脳血管造影)、心臓の検査(超音波検査、ホルター心電図)、血液凝固・血小板機能検査などの精密検査を必要に応じて行います。

脳梗塞の検査と診断
パーキンソン病

パーキンソン病とは、主に中高年以降に発症して徐々に悪化する、安静時振戦(しんせん)、固縮(こしゅく)、無動、姿勢反射障害を主な症状とする病気です。耳慣れない症状ですが、このうち、振戦は、主に手足のリズミカルなふるえです。固縮は、普段本人はほとんど気付かれていませんが、医師が患者さんの手を持ってゆっくりと前後に動かすと、歯車のようなカクカクとした抵抗感があります。固縮の症状が進行すると手足が動かし難くなります。また、無動は、運動の麻痺がないのにもかかわらず動きの絶対量が減る現象を指し、このためパーキンソン病の患者さんは、顔の表情が乏しく、低く抑揚のない単調な話し方をするようになり、また歩行時にもあまり手をふらずに前屈みの姿勢で小刻みに歩くようになります。字を書いていくとだんだん小さくなることもあります。姿勢反射障害は、方向転換や歩行中の急な停止に伴う体のバランスの崩れを防ぐとっさの素早い動きができなくなることを指し、このためパーキンソン病の患者さんは転倒して怪我をしやすくなります。

パーキンソン病は、人口1000人に1人と、比較的高率にみられる病気で、神経変性疾患(原因のわからない進行性の神経障害を示す病気)としては、アルツハイマー病に次いで2番目に多いといわれています。

どうしてパーキンソン病になるのかの直接の原因はわかっていませんが、脳の深部、中脳の黒質にあって脳内の伝達物質(神経の間の情報の受け渡しを担う物質)の一つであるドパミンを作る細胞が徐々に減少して脳内のドパミン量が不足することで症状が起こることはわかっています。ドパミンを作る細胞がおおむね正常の1/5程度まで少なくなると症状が起こるとされています。また、この不足したドパミンの前駆物質(脳内で変化して結果的にドパミンになる物質)である、L-DOPAを薬(パーキンソン病薬)として服用することで実際に症状が改善することもわかっています。

症状の上では、一見パーキンソン病と紛らわしいものにパーキンソニズム(パーキンソン症候群)と呼ばれる病態があります。原因は様々で、脳血管障害によるもの、薬の副作用として起こるもの、パーキンソン病以外の神経変性疾患の初期症状としてみられるもの、遺伝性疾患の症状の一部として起こるもの、正常圧水頭症によって起こるものなどが知られています。いずれの場合もL-DOPA(パーキンソン病薬) の服用は全く効果を示さないか、または示しても一時的なものにとどまります。

発症初期のパーキンソン病では、その診断は意外に難しく、他の病気(パーキンソン症候群)との鑑別(みきわめ)は、神経内科の専門医でも難しいときもしばしばあります。しかし、近年、心臓MIBGシンチグラフィーという検査をするとパーキンソン病か否か(正確にはパーキンソン病もしくはレビー小体病)判断可能になることが分かってきました(当院も検査可能です)。これらの検査や症状、パーキンソン病薬に対する反応性を判断し、最終的には総合的に診断します。

神経難病

「神経難病」とは、神経細胞(ニューロン)が変性した結果起きる病気の総称のことです。 特に、脳や脊髄などの中枢神経の神経細胞が進行性に障害される病気を「神経変性疾患」と呼びます。 「難病」とは医学的に定義された名称ではなく、いわゆる「不治の病」という社会通念に使用される言葉です。そのため、難病の定義は時代の医療水準や社会事情によって変化します。かつて「不治の病」と言われていた難病のいくつかは、現在は治療法が確立され不治の病ではなくなりました。しかし、治療が難しく慢性の経過をたどる疾病も存在し、このような疾病を「難病」と呼んでいます。

一方、昭和47年の難病対策要綱において、難病は
(1)原因不明、治療方針未確定であり、かつ、後遺症を残す恐れが多い疾病
(2)経過が慢性にわたり、経済的な問題のみならず介護などに人手を要するため家族の負担が重く、また精神的にも負担の大きい疾病
という定義がされています。
その「難病」の中では、特に「神経難病」の占める割合が多いのが現状です。具体的には運動ニューロン病(筋萎縮性側索硬化症、脊髄性筋萎縮症など)、脊髄小脳変性症(脊髄小脳萎縮症、他系統萎縮症など)、多発性硬化症、重症筋無力症、パーキンソン病、進行性核上性麻痺などがあります。

神経難病では脳の情報伝達の回路である中枢神経系や、運動を支配する末梢神経系が障害されるため、自分の意思で動くことや、意思表示そのものが難しい場合もあります。 そのため、医療・看護・介護・リハビリテーション、在宅医療などの総合的なケアが必要となり、直接治療法がなくとも医療がかかわることで少しでも生活しやすくすることはできます。この分野は日進月歩です。次々に新しい治療も開発されていますので、あきらめないで神経内科にかかってください。

てんかん

てんかんは、脳内の神経細胞がいっせいに過剰に興奮する(電気信号を送る)ために発作が繰り返し起こる大脳の慢性疾患です。てんかん発作では、大脳に備わっている働きがいろいろな形で現れるので、その症状は極めて多彩です。しかし、1人1人の患者さんの発作の形はほぼ一定していることが特徴です。てんかん発作は、脳内の神経細胞がいっせいに過剰に興奮するために起こります。神経細胞は、普段は弱い電気信号のやり取りで情報の受け渡しをしていますが、突然、強い電流が流れることによって、意識がなくなったり、手足のけいれんが起こったりするのです。このとき、脳波に異常な波(棘波・きょくは)が現れます。

てんかん治療は、抗てんかん薬による治療が中心になります。てんかん発作は、大脳の神経細胞が過剰に興奮することによって起こるため、抗てんかん薬はこの過剰な興奮を抑える働きを持っています。現在、日本にも多くの抗てんかん薬があり、発作型に合わせた適切な薬が選択されることが必要です。

髄膜炎・脳炎

髄膜炎とは脳をおおっている髄膜の炎症をいい、脳炎とは脳の実質の炎症をいいます。この両者はたがいに重なり合って起こることが多いのですが、おもにおかされる部位によって、髄膜炎、もしくは脳炎と区別します。病気としては脳炎の方が重く、後遺症を残す割合も高くなっています。病原菌はウイルス、細菌、真菌、結核などが原因となります。

髄膜炎と脳炎とに共通な症状としては、発熱、頭痛、吐き気、嘔吐があります。発熱は、多くの場合38℃以上の高熱で、頭痛はごく軽いものから激痛まであります。発病前に少し元気がなく、ごろごろ寝ているなどの前駆症状の見られることもあります。脳炎では意識混濁やけいれん、傾眠などが加わります。脳炎で重症の場合は生命が危険です。

当科では、多数の髄膜炎・脳炎患者の治療に当たっております。いつでもご相談ください。

認知症

認知症をきたす病気は多数あります。中高年の方が認知症症状を呈した場合、まずアルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体病にかかっている可能性を考える必要があります。認知症をきたす病気の中で、この3つの病気が最も多いからです。日常生活上の注意点や治療薬の種類が異なりますので、神経内科専門医にご相談してください。上記の3つの病気ほど多くはありませんが、認知症をきたす病気の中には、内科的薬物治療や脳外科的手術で症状の改善が期待できる病気もあります。甲状腺機能低下症や正常圧水頭症や慢性硬膜下血腫などがそれに該当します。これらの病気は脳の画像検査(CTやMRI)や採血検査で容易に診断できます。手術が必要な場合には脳外科医に紹介しますし、甲状腺機能低下症では甲状腺ホルモン製剤を補充(お薬を服用)することにより、認知症症状などは改善します。認知症が疑われましたら、まず神経内科専門医にご相談してください。