外来診療を受診されるみなさま

HOME > 外来診療 > 診療科のご案内 > 整形外科

診療科のご案内

診療科一覧

整形外科
  • 概要
  • 医師紹介
  • 診療実績
概要

特色
 当院は名神高速道路・国道1号線・8号線に隣接した立地条件であることから、以前から多くの交通外傷の患者さんが受診・救急搬入されます。
 また当院は3次救命救急病院でもあり、交通事故や高所からの転落、労働災害による開放粉砕骨折のほか、骨盤・脊椎の骨折といった重度で生命にかかわる多発外傷患者さんを、湖南地区だけでなく甲賀地区や東近江からも優先的に受け入れています。
 病院を訪れる患者さんの愁訴のなかで最も多い腰痛・肩こりや関節痛の原因である脊椎疾患や変形性関節症などは、日常生活指導を含めた保存的治療(薬物治療や装具による治療、リハビリ)を原則としています。
 しかし保存的治療が奏効しない場合や、早期に社会復帰を果たしたいと希望される患者さんには、積極的なインフォームド・コンセントにより患者さんに医療情報を提供して手術的治療を行っています。
 誰もが痛みから解放されて生活の質(QOL)を向上させ人間らしく生活できるように、運動機能回復の専門科として地域の皆様に貢献していきます。

診療内容・手術症例など


 1. 外来診療
 当院は、地域の基幹病院として、高度かつ専門的な医療を 行っています。また、厚生労働省は、質の高い医療の提供 を目的に、医療機関の役割分担を進めています。
 このような状況を踏まえ、地域の病院・診療所との医療連携をさらに進めるため、平成26年10月より、外来受診において、完全紹介予約制を導入いたしました。
 受診にあたっては、地域の病院・診療所の先生方から、初診患者さまを当院へ紹介いただき、病状が安定したら、再び地域の病院・診療所の先生方で治療を続けていただきます。このように、患者さんは病気の状態に合わせて、最適な医療を受けられるようになります。再診(定期的に整形受診)の患者さまでも初めての症状で受診希望される場合は、受付状況次第ですが、他の医療機関へ受診をご案内する場合があります。
 また救急外来体制としては、救命救急センターに救急担当医を配置し、当直帯は当直医またはオンコール制にて整形外科の24時間対応に努めています。

 2. 入院診療
 入院患者数は、手術目的の入院や外傷で搬入された患者さんを中心に常時80余名が入院されています。
 当院は急性期治療が中心の病院であり、手術後状態が安定した患者さんで自宅での療養が今しばらく困難な場合には、近隣のリハビリテーション病院などに転院していただく病病連携を積極的に行っています。
 大腿骨頚部骨折に関しては、手術後、リハビリテーションの継続にて転院される方のために、「地域医療連携クリティカルパス(当院と連携医療機関と共通で使用する治療計画書)」を活用し、地域の連携医療機関と協力しながら、患者さまの治療にあたっています。
>(QI)地域連携クリティカルパス運用数

 3. 手術
@骨折や外傷に対する手術
 当院は3次救命救急病院であり、交通事故や労務災害による重症の外傷患者さんが頻繁に搬入され、また近年高齢者の転倒による外傷が増え、骨折や腱損傷に対する手術が全体の半数以上を占めています。骨折や外傷の手術は、全身状態を評価の上できるだけ早期に行い、早期にリハビリが行えるよう心掛けています。
 また高齢者の大腿骨頚部骨折の術後は、回復期リハビリ病院と連携してクリティカルパスを運用し、スムーズな在宅復帰に向けた取り組みを行っています。

A脊椎の手術
 QOL(生活の質)の向上を目的とした脊椎の慢性・変性疾患に対する手術にも積極的に取り組んでいます。頚椎症や腰部脊柱管狭窄症などに対しては、手術用顕微鏡を使用して愛護的手術操作により、術後の疼痛を軽減させて早期にリハビリテーションが可能となる小切開・低侵襲手術を取り入れています。
 また腰椎椎間板ヘルニアに対しては超音波メスやハイビジョン・テレビカメラを導入し、2cm程度の切開で内視鏡的ヘルニア摘出術が可能となりました。

B人工関節手術
 変形性関節症やリウマチよる関節機能障害に対して人工関節置換術など関節形成外科手術は、膝関節と股関節を合わせて年間約100例を施行しています。手術の際にはクリーンルーム内で、手術スタッフはフルフェイスの防護ヘルメットを着用し、感染防止には万全を尽くします。人工関節置換術は歩行時の痛みが劇的に改善する利点がありますが、術後の関節の可動域訓練、筋力増強訓練などリハビリも重点的に行います。

C膝半月板・十字靱帯の関節鏡下
 スポーツ愛好家や生徒・学生さんのスポーツ外傷・障害(膝十字靭帯損傷や半月板損傷など)に対しては、早期に競技復帰ができるよう関節鏡下手術および術後のリハビリプログラムでトータルなケアを行っています。

D手の外科
 外傷、リウマチによる腱断裂や腱鞘炎、手根管症候群などの末梢神経障害に対して専門的な治療を行っています。

※ 手術件数の詳細は「診療実績」の欄をご参照ください。
※ 整形外科の疾患、外傷およびその治療法につきましては、日本整形外科学会のホームページ(https://www.joa.or.jp/)に詳しく解説されています。

認定

日本整形外科学会専門医制度研修施設