外来診療を受診されるみなさま

HOME > 外来診療 > 診療科のご案内 > 放射線科

診療科のご案内

診療科一覧

放射線科
  • 概要
  • 医師紹介
  • 診療実績
概要

 私たち放射線科医は、院内の各診療科や他院からの依頼のもとで、画像診断、特殊検査、カテーテル治療、放射線治療といった様々な専門診療を行っています。

 >> 放射線科の業務については「主な業務」をご覧ください。

認定

日本医学放射線学会放射線科専門医修練協力機関
日本IVR学会指導医修練施設

主な業務

画像診断  > 診療実績はこちら

CT(コンピューター断層画像)
MRI(磁気共鳴画像)
RI(アイソトープ検査)
X線写真
消化管造影 
胸部単純X写真
胃透視

 CT、MRI、RI検査は、放射線科医によって読影され、画像診断レポートが作成され、依頼元の各診療科へ迅速に配信しています。近隣の開業医の諸先生方から依頼のあった画像検査も、即日読影して結果を報告しています。

<CT検査>
 当院のCT装置は2台が稼働しています。いずれも多列検出型CT(MDCT64列)で、3次元再構成画像の作成も可能です。X線を用いて広範囲を連続かつ高速に撮影できることで、検査時間の短縮化や患者さんの負担の軽減を図っています。検査によっては主に点滴により造影剤を使用することで、より詳細な情報を得ることができます。

<MRI検査>
 MRI装置は1.5テスラと3.0テスラの2台が稼働しています。磁気を帯びた狭いトンネルの中で、磁石と電波の力を利用して体内の臓器や血管を撮影します。CTでは評価が難しい病巣の検出に有効で、X線による被曝はありません。

<アイソトープ(RI)検査>
放射線医薬品を点滴で投与して、病巣へ集積するガンマ線を画像化して、病気を診断します。脳血流や心筋、骨などの検査を行っています。

>> 画像診断機器については詳しくはこちらをご覧下さい。


インターベンショナルラジオロジー(IVR)  > 診療実績はこちら

 血管内治療や画像誘導下治療と呼ばれるものです。CTや血管造影装置などの高度な画像診断機器を用いて、局所麻酔でカテーテルを血管内に挿入することや、専用の針で病変を刺すことで、特殊検査や治療を行う手技です。全身麻酔は必要とせず、皮膚を大きく切る手術に比べて体への負担は少なく、入院期間も短くできます。また、選択的に治療を行いますので、正常の臓器をできるだけ温存できる特徴もあります。 当院では、頭部、腹部の領域を中心に専門の放射線科医が行っております。主な治療内容は以下の通りです。

1. 出血に対する塞栓術

 目的とする血管のみを閉塞させ、出血を止める治療です。交通外傷や腹部の臓器損傷などに対してカテーテルによる選択的な止血を行うことで、正常な臓器を温存する事ができます。

【主な対象疾患 】
 外傷性出血(肝臓破裂、脾臓破裂、腎臓破裂、骨盤骨折)、消化管出血、難治性鼻出血、喀血

2. 血管形成術

 詰まった血管を開通させたり、狭い血管を広げたりする治療です。特に、超急性期の脳梗塞に対して早期に詰まった血管を開通する手技は近年急速に広まってきており、当院では積極的におこなっています。また、透析シャントの狭窄に対しても迅速に対応しております。

【主な対象疾患】
 超急性期の脳主幹動脈閉塞、内頸動脈狭窄、透析シャント不全/閉塞

3. 腫瘍に対する動脈塞栓、動注療法

 目的とする栄養動脈までカテーテルを進めて、選択的に薬剤や塞栓物質を注入する治療です。全身投与と比較して副作用を軽減でき、また局所の効果を高める特徴があります。また、近年新しく発売された球状塞栓物質を用いて、肝臓癌や子宮筋腫に対する治療も行っています。

【主な対象疾患】
 肝臓癌、子宮筋腫、腎臓癌、膀胱癌、転移性骨腫瘍、脳腫瘍(髄膜腫) 重症急性膵炎


4. 動脈瘤や血管奇形に対する動脈塞栓

 脳動脈瘤や腹部臓器の動脈瘤に対して、選択的に金属コイルを用いて塞栓する治療です。また、様々な臓器の血管奇形に対しても、塞栓術を行っております。

【主な対象疾患】
 脳動脈瘤、腹部血管の動脈瘤、血管奇形(肺、腎、四肢)


5. 経皮的リザーバー留置術

 点滴による外来治療を可能とするため、カテーテルを体内に留置して、薬剤を注入するための小さな装置を皮下に埋め込む治療です。

【主な対象疾患】
 様々な悪性腫瘍(特に大腸癌、胃癌、肝臓の悪性腫瘍、骨盤内の悪性腫瘍)


6. CTを利用した経皮的穿刺手技

 皮膚を大きく切ることなく、CT画像を参照しながら細い針を体外から刺して、病変まで安全に進めて行う低侵襲の手技です。腫瘍の一部分を採取して病理診断をつける生検や、体内に貯溜した液体を吸引するドレナージ術、肝臓癌を焼灼するラジオ波焼灼療法(RFA)、小腎癌を凍結させる凍結療法など様々な手技を行っています。

【主な手技】
 腫瘍の生検(肺、骨、腹部臓器など)、膿瘍ドレナージ術、
 肝臓癌を焼灼するラジオ波焼灼療法(RFA)、小径腎がんに対する凍結療法

 >> 小径腎がんに対する凍結療法については詳しくはこちらをご覧ください。


放射線治療  > 診療実績はこちら

 日本の死因一位であるがんの治療の三本柱の一つです。リニアック装置により各種悪性腫瘍に対する放射線治療を行っています。乳房、頭頸部、消化器疾患が多く、各診療科と連携して外科的手術や化学療法を組み合わせた集学的治療を行っています。骨やリンパ節への転移に伴う癌性疼痛などに対しても緩和的照射を積極的に行っています。治療件数は年々増加しています。

トピックス

子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓術
  当放射線科では過多月経や疼痛などを伴う子宮筋腫に対して、局所麻酔下で経皮的に動脈内に挿入した細い管(カテーテル)を用いて子宮筋腫の栄養動脈を閉塞させる治療(動脈塞栓術)を行っております。
 子宮筋腫は栄養を絶たれるため、大半の症例で症状は改善し、子宮筋腫も約半分以下の大きさに縮小し、子宮は温存されます。
 詳しくは当科へ電話かe-mailでお問い合わせください。

 >> 子宮筋腫の動脈塞栓術について詳しくはこちらをご覧ください。

リンク

日本医学放射線学会

日本放射線科専門医会