外来診療を受診されるみなさま

HOME > 外来診療 > 診療科のご案内 > 血液内科

診療科のご案内

診療科一覧

血液内科
  • 概要
  • 医師紹介
  • 診療実績
ごあいさつ

 当科は、平成20年7月より新体制で診療を開始し、栗東・草津・守山・湖南地区の造血器疾患の診療に少しでもお役に立てるよう努力してまいりました。本年4月より医師1名増員となり、より良い診療を目指し患者様のニーズに合わせた治療を看護師・スタッフ一丸となって治療に当たらせていただきます。

疾患

 血液内科は白血病・悪性リンパ腫等の造血器悪性腫瘍を診療・治療すると共に、貧血といった、日常的な疾患にも携わる診療科です。具体的な疾患名としましては、最も一般的な貧血である、鉄欠乏性貧血はもちろん、急性・慢性白血病、悪性リンパ腫、骨髄異形成症候群、多発性骨髄腫、再生不良性貧血、特発性血小板減少性紫斑病など、多数あります。(最近2年間の実績に関してはこちら

治療方針

 血液疾患は他の疾患同様に診断が非常に重要です。当科では迅速な診断のため外科系の診療科、病理診断部・検査部等との連携を計るとともに、近隣病院にご協力頂き、PET検査等も積極的に行い迅速・正確な診断に努めております。
 血液悪性疾患の場合には、EBM(科学的根拠に基づいた診療方針)を積極的に導入し、入院はもちろん、外来化学療法も取り入れております。また、必要に応じて、自家末梢血幹細胞移植や、滋賀医科大学血液内科と連携して同種骨髄移植・臍帯血移植も積極的に行っております。
 設備面でも白血病等の免疫力が低下した患者様はアイソレーターと呼ばれる大きな空気清浄機が設置された部屋を11室用意し、安心して治療を受けて頂けます。(治療実績に関してはこちら検査件数に関しての実績はこちら

社会貢献

 骨髄移植推進財団(骨髄バンク)の指定面談施設として、同種骨髄移植を円滑に進めるための調整医師が“確認検査”、“最終同意面談”を行っております。(昨年度の面談ドナー件数:12件)