外来診療を受診されるみなさま

HOME > 外来診療 > 診療科のご案内 > 循環器内科

診療科のご案内

診療科一覧

循環器内科
  • 概要
  • 医師紹介
  • 診療実績
はじめに
  1. 循環器疾患は死因の第二位です。
  2. 我々の使命は、循環器疾患で「今困っている人」に最適な医療を提供することだけでなく、「将来困るかもしれない人」にも最適な医療を提供することであると考えています。
  3. 当科が特に重要視している取り組みは下記の通りです。
     ・PCI(経皮的冠インターベンション)
     ・AMI(急性心筋梗塞)
     ・心不全
その他の当科の取り組み
1.難易度の高いインターベンション治療
京都府立医科大学と連携して当院で治療
2.緊急手術が必要な症例
滋賀医科大学や京都府立医科大学関連施設と連携し迅速な対応
3.不整脈外来の開設
専門医による診療(月曜午後、隔週)【京都府立医科大学 白山准教授、白石講師】
4.心臓リハビリ外来の充実
急性心筋梗塞が一般的ですが、心不全、狭心症、心臓手術後、大動脈疾患、閉塞性動脈硬化症に積極的に導入(水曜・金曜午後)
5.アイソトープの質の向上
専門家による読影とカンファレンス(金曜、隔週)【松下記念病院元副院長 杉原医師】
6. 構造的疾患に対する先進医療
心房中隔欠損症や大動脈弁狭窄症に対するカテーテル治療は京都府立医科大学と連携
循環器内科紹介の目安
  1. 1. 新規に胸部症状(胸痛、胸部絞扼感、胸部圧迫感など)が出現した症例
  2. 2. 心電図や心エコーで異常を指摘された症例
  3. 3. 脈波でABI低値(1.0以下)を指摘された症例
  4. 4. PCI歴のある症例、慢性腎臓病、脳梗塞、ASO透析症例は特にハイリスクのため全例でOK
  5. 5. その他、動脈硬化のリスクの高い症例や検査をご希望される症例
特色
  1. @平成27年4月より新メンバーとなり心機一転して診療にあたっています。循環器疾患で困っている患者さんの手助けができるよう24時間体制で対応しています。
  2. A当院は「救急車は全て受け入れ、断らない」ことをモットーとしているため、救急患者が多く、循環器疾患により心肺停止となった方も救急搬入されることがあります。従来は救命が困難であった患者さんでも経皮的人工心肺補助装置、大動脈内バルーンパンピング、カテーテル治療、低体温療法、人工呼吸器、血液浄化法などの高度医療を行うことで、一人でも多くの方が社会復帰できるように取り組んでいます。
  3. B心筋梗塞や心不全などでは、生活習慣の指導や運動療法などの包括的心臓リハビリテーションを適切に行い、後遺症を少しでも減らして元の生活に戻ること、再発を予防することを目標にしています。
  4. C地域医療支援病院として患者さんに安心していただけるよう、地域の先生方との診療連携を積極的に行っています。
  5. D「自分がしてもらいたい診療を提供すること」を常に考え、質の高い診療を心がけています。
循環器疾患

循環器疾患とは、心臓、血管などの循環器の機能が何らかの原因で破綻し、正常に働かなくなる病気のことを言います。心臓病、脳卒中、大動脈を含めた血管疾患、高血圧症などが代表的な疾患ですが、当科では主に、虚血性心疾患、心不全、不整脈、大動脈を含めた血管疾患、高血圧症などの診療をしています。以下に代表的な疾患の説明をさせていただきますが、緊急を要する病気もあります。「冷汗を伴うような強い痛み」「走った後のような息苦しさ」などの症状が続く際には、速やかに受診して下さい。

主な病気
@虚血性心疾患
動脈硬化や血栓などで心臓を栄養する冠動脈が詰まったり狭くなったりすることで血液の流れが 悪くなり、心臓に必要な酸素や栄養が供給できなくなる病気のことを言います。大きく分けると、心筋梗塞と狭心症があります。

)心筋梗塞

冠動脈が詰まり血液が流れなくなるため、その部分の心筋が壊死してしまう病気です。命に関わる病気のため一刻も早く血流を再開させる必要があり、緊急治療が必要です。診断・治療のために冠動脈造影を行い、カテーテル治療やバイパス手術を行う必要があります。当院では、24時間体制で対応しており、いつでも緊急カテーテル治療が可能です。また、患者さんの負担を少しでも減らすために手首からの治療を積極的に行うようにしています。

)狭心症

冠動脈が狭くなり血液の流れが悪くなると、その部分の心筋に必要な酸素や栄養が十分に供給できなくなり、胸の痛みや圧迫感などを感じることがあります。また、体質によっては冠動脈の攣縮により発症することもあります。発作が頻回に出現するか冷汗を伴うような時は心筋梗塞に移行するリスクがあるため、速やかに対応する必要があります。診断には冠動脈造影を行い、狭くなっている場所があればカテーテル治療やバイパス手術を行う必要があります。

A心不全
心臓のポンプとしての働きが弱くなり、全身に血液を上手く送ることができない状態のことを言い ます。原因として、虚血性心疾患、心臓弁膜症、心筋症、高血圧症などがあります。治療は原因によって異なるため、適切に診断する必要があります。心不全には左心不全と右心不全があり、主な症状としては、左心不全では息切れ、呼吸困難などがあり、右心不全では顔や手足の浮腫(むくみ)、体重増加などがあります。
B不整脈
脈が遅く打ったり速く打ったり、または不規則に打ったりする状態を不整脈と言います。1分間の脈拍が50以下を徐脈、100以上を頻脈と言います。不整脈にはさまざまな種類があり、全く心配のないものから命に関わる恐れがあるものまで多種多様であり、適切に診断・治療を行う必要があります。
C大動脈瘤
大動脈が瘤状に拡張した病気です。動脈硬化が原因のことが多く、血圧が高いと瘤が大きくなる恐れがあるため、血圧の管理が重要です。瘤がある場所により胸部大動脈瘤と腹部大動脈瘤に分けられ、瘤の大きさや形態によって破裂する恐れがあるため、手術やステント治療が必要となります。
D大動脈解離
大動脈の壁が裂けてしまう病気です。動脈壁は、内膜、中膜、外膜の3層に分かれていますが、この病気は中膜が裂けることにより発症し、主要な臓器に血液が流れなくなることがあります。一般的に、胸や背中に激痛が生じますが、命に関わる恐れがあるため早期診断・早期治療が必要です。
E高血圧症
動脈硬化や加齢などにより血圧が高い状態を言います。日本高血圧学会によると、世界も日本も高 血圧基準は140/90mmHgです。心筋梗塞や脳卒中などの未来の大きな病気を予防するために血圧が140/90mmHgを超えないように注意しなければなりません。減塩、運動、禁煙などの生活習慣 の改善により血圧が低下しなければ、内服治療が必要となります。
認定

日本循環器学会循環器専門医研修施設