各部門のご案内(コ・メディカル部門)

HOME > 各部門のご案内 > 視能訓練技術科

各部門のご案内

部門選択

視能訓練技術科
視能訓練技術科のご紹介

視能訓練士とは?
 視能訓練士は、昭和46年に制定された「視能訓練士法」という法律に基づく国家資格をもった医療技術者です。
 主な業務は視力検査、視野検査をはじめとする眼科一般検査と斜視や弱視といったより専門知識が必要な眼科専門検査を行っています。
 現在、当院では2名の視能訓練士が勤務しており、みなさまの目の健康のために日々検査をしております。
 何か目についてわからないことがあったり、質問等ございましたらいつでも声を掛けてください。
 私たちがお答えできる範囲内で返答させていただきます。

>> 眼科についてはこちらのページをご覧ください。

視能訓練士による各種検査

眼科一般検査

視力検査、屈折検査、視野検査、眼圧検査、色覚検査、涙液検査、角膜内皮細胞検査、 超音波検査、電気生理学検査、眼科写真撮影検査、メガネ・コンタクトレンズ検査

眼科専門検査

調節麻痺薬を用いた精密屈折検査、両眼視機能検査、眼位検査、 眼球運動検査、斜視治療計画および訓練指導、弱視治療計画および訓練指導

各種検査の簡単な説明

眼科一般検査

1) 視力検査・・・みなさまご存知の見え方の検査です。

2) 屈折検査・・・近視・遠視・乱視を測る検査です。

3) 視野検査・・・見える範囲を測る検査です。

4) 眼圧検査・・・目の硬さを測る検査です。

5) 色覚検査・・・色の区別ができるか調べる検査です。

6) 涙液検査・・・涙の量を測る検査です。

7) 角膜内皮細胞検査・・・黒目の内側の細胞の数を測る検査です。

8) 超音波検査・・・超音波で目の断面や長さを測る検査です。

9) 電気生理学検査・・・目の中の網膜の機能を調べる検査です。

10) 眼科写真撮影検査・・・目の中の写真を撮ります。

11) メガネ・コンタクトレンズ検査・・・メガネ・コンタクトレンズを合わせます。

眼科専門検査

1) 調節麻痺薬を用いた精密屈折検査・・・遠視や弱視など視力の出にくい子などに行う検査です。

2) 両眼視機能検査・・・斜視などの子に対して立体視など両目をうまく使えているかを調べる検査です。

3) 眼位検査・・・目のずれはあるか、また目がずれていればどの方向にずれ、どれだけずれているかを調べる検査です。

4) 眼球運動検査・・・物が二重に見える訴えに対してどの神経や筋肉が動きにくいか、動きにくければどれだけ動きにくいかを調べる検査です。

5) 斜視治療計画および訓練指導

6) 弱視治療計画および訓練指導

各種検査を行う検査室
明 室
 ここで視力検査や眼圧検査等を行っています。
明室
暗 室(普段は暗いです)
 ここで視野検査や眼球運動検査等を行っています。
暗室
小児弱視等の治療用眼鏡が支給申請できるのご存知ですか?

小児治療用眼鏡等療養費申請について

 弱視、斜視及び先天白内障術後の屈折矯正が必要な9歳未満の小児は、治療用として用いる眼鏡及びコンタクトレンズに係る療養費の支給を受けることができます。

以下の書類が必要です。

1.療養担当に当たる保険医の弱視等治療用眼鏡等作成指示書の写し

2.患者様の検査結果

3.治療用眼鏡等を作成し、又は購入した際の領収書又は費用の額を証する書類

※1と2は病院で、3は眼鏡・コンタクトレンズを購入されたお店でもらえます。

◆上記書類を国民健康保険の方は各市町村の役所へ、政府管掌保険の方は各市町村の社会保険事務所へ、組合・共済保険の方は扶養者の勤務先給与科・庶務課等へ提出します。

◆自己負担額を差し引いた額が療養費として払い戻されます

眼鏡上限 36,700円
コンタクトレンズ1枚上限 15,400円

◆治療用眼鏡等の更新は、5歳未満では更新前の治療用眼鏡等の装着期間が1年以上、5歳以上では更新前の治療眼鏡等の装着期間が2年以上ある場合にできます。