各部門のご案内(コ・メディカル部門)

HOME > 各部門のご案内 > 栄養科

各部門のご案内

部門選択

栄養科
栄養科のご紹介

 栄養科の主な業務は、入院患者様への食事の提供と患者様の栄養管理、入院・外来における栄養相談です。入院中の食事は治療の一環として重要であり、患者様にとっては入院中の楽しみの一つでもあります。
 患者様がおいしく楽しんで食べていただけるよう、行事食を計画することはもとより、衛生面での配慮をしながら、安全な食事を提供できるように献立作成や調理を実施しています。また、食欲不振や嚥下障害のある方に対しても、できる限りのきめ細やかな個人対応をし、食の支援をしていきたいとスタッフ一同励んでいます。
 また、入院・外来の患者様に対し管理栄養士による栄養指導を行っています。 治療の効果をより高めるために、患者様の食生活に必要な知識をわかりやすく説明することを心がけ、患者さん自らが望ましい食生活に変えていこうとするきっかけの場となるよう努めています。
 入院されてきた患者様に対しては、適切な栄養管理が行えるよう食事摂取量、検査結果や病状などの情報を確認、栄養状態について把握し、病状の改善に努めています。
 院内の医療チーム(栄養サポートチーム、化学療法、糖尿病療養指導等)の一員としても専門性を生かし積極的に取り組んでいます。
 更に、院内・院外を問わず、学会・研修会への参加により知識の習得をはかっています。

 >> 栄養相談の詳しい説明については、こちらのページをご覧ください。

食事について

食事時間

朝食8:00配膳の様子、温冷配膳車
昼食12:00
夕食18:00
温冷配膳車を利用し温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たく、適温で召し上がっていただけるように提供しています。

衛生管理

 現在、給食業務は委託となっています。
 HACCP(ハサップ)危害分析重要管理点という衛生管理方法を取り入れ、食事が利用者の皆様の元に届くまでの衛生管理を徹底して行っています。
 厨房内は検収室(材料の受け取り)・下処理室・清潔室・洗浄室の4つの部屋に分かれており、各部屋ごとの衛生マニュアルに基づいて作業を行っています。

主な食事

 1日あたり約750食を作っています。
 患者様のお食事は一般食と特別治療食に分かれており、食事は約90種類の中から患者様の病態に応じた食事を選択し提供しています。
 また看護師と連携をとり、食欲不振の方やアレルギー食品のある患者様に対しては個人対応を心がけています。

祝い膳、ことぶき食、お誕生日メッセージカード、くし刺し、おにぎり

※常食を召し上がっておられる患者様に対し、朝食・夕食は食事を選べる選択メニューを実施しています。
朝食はご飯・パンの主食とおかず、夕食は2種類のおかずを用意しています。

※当院でご出産された方へお子様の誕生のお祝いと健やかな成長を願う気持ちを込めて、ご退院の前にはお祝い膳を提供しています。

一般食常食・流動食・三分粥食・五分粥食・七分粥食・全粥食・離乳食・学童食
特別治療食 糖尿病食・肝臓病食・腎臓病食・高脂血症食・心臓病食・術後食・低残渣食・ヨード検査食など

行事食

 1年を通じて現在約20回行事食を提供しています。季節を感じていただけるよう旬の食材を使い、またカードも添えてお楽しみいただいています。
 お正月、七草粥、成人式、節分、ひな祭り、春分の日、お花見(院内行事)、子どもの日、七夕、土用の日、敬老の日、十五夜、体育の日、文化の日、勤労感謝の日、クリスマス、冬至、大晦日など

行事食
厨房機器類のご紹介

 厨房は10階にあり、床はドライシステム、電磁調理器、コンベクションオーブン、ブラストチラー、チルド室設備などがあり衛生的な食事が提供できるように徹底しております。

スチームコンベクション
 焼き調理、ソテー、蒸し物、野菜のボイル、煮物等の調理を1台でこなすことができるすぐれものです。
ボイル野菜などは、蒸気を利用するため、ビタミンが調理の過程で減ってしまうのを抑えて栄養面でも優れています。
また、焼き物はジューシーに、煮物は煮崩れしにくく仕上がります。
スチームコンベクション
ブラストチラー
 加熱後、最近が繁殖しにくい温度まで急速に冷却をすることで食中毒菌の繁殖を抑えることができます。
また、冷風を当てるという優しい熱交換で食品を冷やすため、水分・栄養素・見た目の美しさを損ないにくく、食品の美味しさを保持することができます。
ブラストチラー
チーム医療に関する活動
栄養サポートチーム

栄養サポートチーム(NST)
 NSTは、医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師・言語聴覚士で構成され、それぞれの専門職の視点から栄養管理を考え、最善の方針を決定しチーム医療による質の高い栄養治療を行います。
 NSTの目的は入院患者様の栄養状態を把握し、各々の患者様にあった最適な栄養治療法を選択し、栄養状態の改善をすることです。
 管理栄養士は担当病棟制を導入しており、患者様の経過を把握しやすく、ベッドサイドや病棟での活動を進めています。
 活動は毎週金曜日にチームでの回診・カンファレンスを行っています。
 また、月1回勉強会・定例会議、随時院外研修会も積極的に行いメンバーのレベルアップと最新情報の収集及び活動の改善に努めています。

糖尿病療養指導チーム
 医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・理学療法士・検査技師で、糖尿病教室を開催しています。また毎週の糖尿病カンファレンスで情報交換・検討を行い、それぞれの立場から意見を出し合い、最適な治療方針を進めています。カンファレンスで得た情報を活かしてより細やかな栄養指導につなげています。

化学療法推進チーム
 外来で化学療法を受けておられる患者様に対し、医師・看護師・管理栄養士・薬剤師が検討を行い最適な治療が続けられるように協力をしています。
 特に化学療法施行中は食欲低下や味覚の変化が現れ、思うようにお食事が食べられないこともあります。
 そのような時には、少量でも栄養価の高い食品や濃厚流動食等も利用し、栄養状態を低下させることなく治療を続けていただけるよう患者様の状態に合わせたお話をしています。

心臓リハビリ外来プログラム(栗東ハートクラブ)
 心筋梗塞、その他で入院された患者様の再発防止や薬の減量を目的に、毎週心臓リハビリテーションを実施しています。
 トレッドミルやエルゴメータートレーニング中に、本音で話しやすい雰囲気と環境でアドバイスをしています。

栄養管理実施加算

 2007年より始まり、入院患者様ごとに栄養状態の評価を行い、医師・看護師・管理栄養士、その他医療従事者が共同して、栄養管理計画をたてチームで栄養管理を行っています。
 食欲不振や治療により味覚に変化が生じた患者様には病棟を訪床し聞き取りを行い、嗜好に合わせた食事や栄養補助食品を付加するなど栄養状態の改善を図っています。

備蓄食品

 備蓄食品を用意し大規模災害に対応できる体勢をとっております。

備蓄食品