施設のご案内

HOME > 施設のご案内 > 各センター・設備・施設 > 高度医療設備

高度医療設備

MR(磁気共鳴断層撮影装置)MR(磁気共鳴断層撮影装置)
当院の超伝導磁気共鳴診断装置はPHILIPS社のIntera1.5テスラが2台稼働して超高性能で診断の補助に寄与しています。
CT(コンピューター断層撮影装置)CT(コンピューター断層撮影装置)
マルチスライスCTの導入により検査時間が短縮され、また任意の方向からの断層像や3D画像など、より精度の高い画像を提供しています。
アンギオ(X線血管撮影装置)アンギオ(X線血管撮影装置)
血管撮影装置とは身体のあらゆる血管の撮影、治療を行う装置のことです。脳梗塞の血管溶解術、心筋梗塞の血管拡張術など先端医療に24時間体制で取り組んでいます。
RI(核医学検査)RI(核医学検査)
放射性医薬品を体内に投与し、目的臓器から出る放射線を検出して画像を作成する検査です。手術や薬を使って病気を治すように、放射線治療はエネルギーの高いX線・電子線を使って病気を治します。
リニアック(放射線治療装置)リニアック(放射線治療装置)
手術や薬を使って病気を治すように、放射線治療はエネルギーの高いX線・電子線を使って病気を治します。
結石破砕(体外衝撃波破砕装置)結石破砕(体外衝撃波破砕装置)
手術をしないで、腎・尿管結石の治療ができます。治療は1時間程度で、治療後すぐに歩行、食事ができます。費用は、健康保険が適用されます。
主な医療機器一覧

MR/CT/アンギオ(X線血管撮影装置)/RI(核医学検査)/リニアック(放射線治療装置)/結石破砕(体外衝撃波破砕装置)/乳房撮影装置/X線テレビ装置/デジタル画像処理システム/超音波診断装置/大動脈バルンポンプ/人工呼吸器/バイオデックス/水中トレッドミル/微生物検査装置/自動免疫染色機/自動輸血検査システム

>> 画像診断センターについて詳しくはこちら
>> 放射線科について詳しくはこちら