施設のご案内

HOME > 施設のご案内 > 各センター・設備・施設 > 地域医療連携室

地域医療連携室

 地域完結型の診療体制を掲げ、地域医療を推進。
 患者さんの立場で発想した医療を提供します。

地域医療連携室

 本院では、地域の医療機関との連携を密にしたネットワークを組み、機能分担を図り、紹介元医療機関と患者さん双方のご満足をいただける医療をめざしております。
 ご紹介いただいた患者さんがスムーズに診療を受けられるよう地域医療連携室がお手伝いします。
>> 地域医療連携について詳しくはこちら

主な業務・機能

病診連携

・ 地域の医療機関からの紹介患者さんの受付窓口の一本化

・ 紹介患者さんの院内へのご案内

・ 地域の医療機関への紹介患者さんの診療状況の報告

・ 地域の医療機関への逆紹介の事務手続き

・ 医師会との連携に関する業務

・ 紹介患者さんのデータ集計・統計作成・管理

その他

・ 総合案内の業務

・ ボランティアに関すること(作業奉仕・介護者の会の相談会等)

病診連携と開放型病床

患者さんと、かかりつけの診療所の医師、高度医療を担う病院の医師とが三位一体で治療に取り組む「病診連携」を推進しています。入院の場合、病院の施設を利用するなど連携して病気の治療にあたる「開放型病床」といわれるシステムを当院で実施しています。