災害拠点病院

HOME > 災害拠点病院 > 救命救急センター

災害拠点病院

救命救急センター
救命救急センター

 救急医療の充実は、地域の病院として大きな使命のひとつです。
 済生会滋賀県病院救命救急センターは三次救命救急指定病院であり、滋賀県湖南地域における救急医療の中核として、重症患者の急性期医療を行う病院です。重症救急患者は、他の医療機関からの紹介や救急隊の判断によって搬入され、救命治療を行います。

 当センターは、救命救急センター外来、集中治療室(ICU(2床)、CCU(2床)、SCU(4床))、救命救急センター病棟(22床)の3セクションから救命救急センターが構成され、搬送された重症患者に対し、緊急カテーテル検査、緊急手術、CT、MR、血液検査等迅速に対応できるなど、専門性を追及した高度医療を24時間体制で提供します。

 また、災害拠点病院として広域災害や大規模地震の際にも、適切な医療が提供できるよう建物全体を免震構造とし、屋上にはヘリポートを設置しています。コージェネレーションシステムを採用し、省エネルギーと経費節減を図っています。

地域医療連携体制

 救命救急センターは、地域の病院・開業医からの紹介に素早く対応するなど地域医療連携体制を整備して地域の皆様の安心と安全に貢献するよう努めています。

良質の救急医療
滋賀県ALS研究会

 救急救命士の研修病院として活動し、救急救命士や救急隊の病院実習受入や、搬送症例に対する事後検証を行い救急医療の質を確保することに努めています。

 また、災害医療体制の整備、DMAT活動、ICLS研修会の定期的な開催による救急医療の普及などに努めています。