臨床研修 後期臨床研修

HOME > 後期臨床研修 > 内科系診療科 > 消化器内科

後期臨床研修プログラム

消化器内科
対象

前期臨床研修医制度修了者または終了予定者

期間

3年間

一般目標
  1. 消化器疾患の病態生理、診断治療を幅広く理解する
  2. 消化器救急疾患の対応ができる
  3. 基本的な消化器疾患の診断治療を独自でできる
  4. 消化器内視鏡、腹部画像診断の基本的技能を習得する
  5. 消化器慢性疾患の管理ができる
  6. 消化器癌治療の基本的知識を習得する
個別目標
  1. 身体所見診察、適切な問診を行う医療面接技術など基本的診療技術を習得する
  2. 各種検査や治療法を理解し、適切に選択し、内容が明確に説明できる
  3. 単純X線所見、腹部CT/MRIの基本的読影ができる
  4. 腹部超音波検査を施行、読影できる
  5. 上部下部内視鏡検査を実地できる
  6. 内視鏡治療を指導医の元で施行できる
  7. 急性期消化器疾患の初期治療ができる
  8. 慢性消化器疾患の指導管理ができる
  9. 基本的な抗癌剤の薬理作用・有害事象を認識できる
  10. 癌治療患者へのコミュイケーション技術、医療面接を習得する
  11. 検討会と学会での症例報告ができる
  12. 消化器病専門医の受験資格が取得できる
  13. 癌治療認定医の受験資格が取得できる
科の特色
  1. 腹部救急疾患に対応できる消化器専門医の育成を目的とする。消化管および肝胆膵にわたる多彩な疾患が、多症例集まり、消化器疾患を幅広く研修できる。特に、救急疾患を多く経験することにより、救急対応能力の高い専門医が育成できる
  2. 消化器疾患診療に占める癌治療の比率は高い。当院は外来通院治療室を整備し、癌治療に積極的に取り組んでいる。抗癌剤治療、癌患者さんの医療面接を指導医の下に行い、癌治療認定医取得に備える
その他

後期臨床研修終了後、京都府立医科大学消化器内科学教室に所属して、臨床・基礎系の医学研究を行うことができる

>> こちらのページにて当院消化器内科の概要等を掲載しています

連携関連大学診療科
京都府立医科大学消化器内科学教室