臨床研修 後期臨床研修

HOME > 後期臨床研修 > 内科系診療科 > 循環器内科

後期臨床研修プログラム

循環器内科
対象

前期臨床研修医制度修了者または修了予定者

期間

3年間(1年目は内科ローテート)

一般目標

内科全般の研修を深めた上で、循環器専門医を養成する。このため、循環器学会専門医カリキュラムの履修目標をふまえた幅広い知識と経験の習得ができる。

個別目標
  1. 内科疾患を幅広く研修し、救急内科疾患の初期治療ができる
  2. 循環器疾患を幅広く理解し、専門的な知識・技能を習得する
  3. 循環器疾患患者の診断、治療を適切に行うことができる
  4. 循環器救急疾患に対応できる
  5. 循環器疾患の一次予防、二次予防を含めた患者の指導・管理ができる
  6. 十分なインフォームド・コンセントが行える
  7. 指導医の下で学会発表、論文投稿ができる
  8. 循環器専門医の受験資格が取得できる
1年目:
総合診療内科で研修する
2年目:
日本内科学会専門医制度カリキュラムの達成と同時に、以下の項目について経験し、習熟する
@ACLSおよび循環器救急
ACCU管理、心血行動態モニタリング
B内科および循環器系の薬物療法
C心臓超音波検査
D心臓カテーテル検査
E一時心臓ペーシング
救急外来・病棟、循環器病棟での担当医となり、内科外来を週1回担当する
3年目:
日本循環器学会認定循環器専門医カリキュラムの達成と同時に、以下の項目について経験し、習熟する
@体外循環、血液浄化法
A心臓リハビリテーション(入院・外来)
B各種負荷試験
C心臓核医学検査
D冠動脈形成術・血管超音波検査
E永久ペースメーカー植え込み術
循環器病棟での担当医となり、循環器内科外来を週1回担当する
科の特色
  1. 当院の循環器内科は、緊急検査や治療はいつでも実施できる体制にある。急性心筋梗塞患者の院内死亡率は救命救急センター開設以来5%以下を維持している。年間の心臓カテーテル検査は約600件、冠動脈インターベンションは約200件、心臓超音波検査は約4,000件であり、侵襲的検査、非侵襲的検査をバランスよく実施している
  2. 学術的にも通常の学会活動はもちろんのこと、京滋心血管エコー図研究会、滋賀臨床動脈硬化研究会、BIWAKO生活習慣病セミナーなどを主催しており、地域ニーズに応じた研究・教育活動の展開の中心的役割を果たしている
  3. 心臓リハビリテーション(栗東ハートクラブ)、病診連携(湖南循環器カンファレンス)にも積極的に取り組んでいる
その他

>> こちらのページにて当院循環器内科の概要等を掲載しています