臨床研修 後期臨床研修

HOME > 後期臨床研修 > 内科系診療科 > 腎臓内科

後期臨床研修プログラム

腎臓内科
対象

前期臨床研修医制度修了者または修了予定者

期間

3年間

一般目標

腎臓病診療に必要な知識・技術を修得するとともに、医師としてのプロフェッショナリズムを具えた包括的な一般内科診療を実践できる医師となる。

個別目標
  1. 腎臓専門医として必要な基本的な知識、臨床能力(診察、検査、診断)を身につける。
  2. 定められた腎臓病患者を主治医として担当し、適切な診療プロセスを修得、実践する。
  3. 定められた腎臓内科診療、血液浄化療法に必要な検査、手技を経験し、習熟する。
  4. 一般内科臨床に必要な救急診療能力、全身管理能力を修得する。
  5. 専門医として研修医、コメディカルを指導しチーム医療を実践できる。
  6. 患者および患者家族との信頼関係を築き、適切に対応する能力を修得する。
  7. 地域の公衆衛生にも配慮した医療を展開できる能力を修得する。
  8. 日本腎臓病学会専門医、日本透析医学会専門医受験に必要とされる要件を満たす。
科の特色
  1. 地域中核拠点病院であり、腎炎・保存期腎不全・透析導入など、コモンディジーズから比較的稀な症例まで、腎臓内科疾患を幅広く経験することができます。
  2. 透析センターでは透析の導入から維持管理まで経験できます。内シャントの作成や腹膜透析カテーテルの挿入も当科が行っています(副部長 高橋弘樹)。特に腹膜透析症例の導入及び管理を豊富に経験することができます。
  3. 当院の三次救命救急センターへ搬送された重症患者の管理についても、他科・多職種とともに積極的に治療に参加しています。

>> こちらのページにて当院腎臓内科の概要等を掲載しています