臨床研修 後期臨床研修

HOME > 後期臨床研修 > 他診療科 > 泌尿器科

後期臨床研修プログラム

泌尿器科
対象

前期臨床研修医制度修了者または修了予定者

期間

3年間

一般目標
  1. 泌尿器科疾患を有する患者に接した際に医師として正しい初期診療を行うことができる
  2. 専門医とともに当該患者の治療に参加することが出来るための知識と診療技術を習得する
  3. 泌尿器科における主な開腹手術や内視鏡手術を理解して手術に参加できる
個別目標
  1. 基本的な泌尿器科的診察法を習得する
  2. 検尿や採血などの一般検査の結果を理解し明確に説明できる
  3. レントゲン、CT、MRIから泌尿器科的疾患の診断ができる
  4. 生検、ウロダイナミックス検査、内視鏡検査、超音波検査が正確にできる
  5. 入院患者に対し必要な術前検査を行い、リスクや合併症を予測して手術療法が立案できる
  6. 泌尿器科専門医の受験資格が取得できる
科の特色
  1. 当科の扱う臓器は尿路に限られているが、診断から治療までを一貫して行うことができる
  2. 治療についても内科的治療から外科的治療まで行い、手術については開腹手術、内視鏡手術、腹腔鏡手術と幅広い治療を行っている
その他

>> こちらのページにて当院泌尿器科の概要等を掲載しています