臨床研修 後期臨床研修

HOME > 後期臨床研修 > 他診療科 > リハビリテーション科

後期臨床研修プログラム

リハビリテーション科
対象

前期臨床研修医制度修了者または修了予定者

期間

3年間

一般目標
  1. リハビリテーションの特性として、他の診療科が臓器別に専門化し、それぞれの治療を目指すのと異なり、身体機能、高次脳機能の障害に着目し、その回復を支援し、日常生活、社会生活への復帰を目指す
  2. 整形外科疾患、中枢疾患、呼吸疾患、心疾患、外科術後を中心とする、幅広い病態が理解できる
  3. 多くの職種が関わるチームワーク医療であり、適切なリーダーシップを発揮できる
個別目標
  1. 神経、筋肉の機能解剖、生理の理解、外傷、変性疾患を中心とする整形外科疾患の病態の理解できる
  2. 脳卒中を中心とした中枢神経障害の病態の理解できる
  3. 外科術後、呼吸不全、心不全等の内科疾患を中心とした廃用性症候群の病態の理解できる
  4. 急性期リハビリテーションのための全身管理、リスク管理ができる
  5. 個別性を重視し、患者毎の障害、社会背景の理解と日常生活、社会生活復帰への支援ができる
  6. 経験した症例の定期的な検討会と学会発表ができる
  7. リハビリテーション科専門医の受験資格を取得できる
科の特色
  1. 当院は三次救命救急指定病院で脳血管障害、頭部外傷等の中枢疾患、外傷性、変性の整形疾患、腹部外科術後、心不全、呼吸不全等の内科疾患の症例が豊富で、これらの疾患を中心とした急性期からのリハビリテーションが研修できる
  2. 亜急性期病棟では、脳卒中、整形外科疾患を中心とした回復期のリハビリテーションの研修ができる
  3. 入院患者の高齢化に伴い廃用性症候群の予防の重要性はさらに増して、当院では、ICU,CCUなどにおいても、急性期から、早期の離床、身体への荷重負荷等のリハビリテーションを積極的に行っている
その他

>> こちらのページにて当院リハビリテーション科の概要等を掲載しています