臨床研修 後期臨床研修

HOME > 後期臨床研修 > 他診療科 > 放射線科

後期臨床研修プログラム

放射線科
対象

前期臨床研修医制度修了者または修了予定者

期間

4年間(ただし京都府立医科大学放射線医学教室と連携)

一般目標

放射線科医学の放射線診断、核医学、放射線治療、IVR(カテーテル治療)などを幅広く理解し、放射線専門医としての知識・技能を習得する

個別目標

放射線科医学一般を習得すると同時に、希望に応じて放射線診断(CT、MRI、X線診断、消化管造影検査、腹部超音波検査)、核医学、放射線治療、IVR(カテーテル治療)を個別に重点的に学べる

科の特色

スタッフの大半は、放射線専門医であり、放射線医学:1)診断(CT、MRI、X線診断、消化管造影検査、腹部超音波検査など)、2)核医学、3)放射線治療、4)IVR(カテーテル治療)を広く学べる。本院は、3次救急指定病院であり、外傷など様々な救急疾患の診断と治療を学べる

その他

京都府立医科大学放射線医学教室と連携してプログラムを完結する

>> こちらのページにて当院放射線科の概要等を掲載しています

連携関連大学診療科
京都府立医科大学放射線医学教室