臨床研修 後期臨床研修

HOME > 後期臨床研修 > 他診療科 > 健康管理部

後期臨床研修プログラム

小児科
対象

前期臨床研修医制度修了者または修了予定者

期間

3年間(滋賀医科大学小児科学講座との連携研修を含む)

一般目標

小児は成人と異なり、症状を訴えることができない。小児科医は、全身全霊で患児を観察し、無言で体全体で病状を訴える患児を総合(全人)的に診療する必要がある。小児の特性と症候を熟知した後に、小児subspeciality学会の専門医のための研修が始まる。

  1. 小児の特性を学ぶ
  2. 小児の診療の特性を学ぶ
  3. 小児期の疾患の特性を学ぶ
  4. 小児の健康保全と疾患の予防方法を学ぶ
個別目標
  1. 子どもの身体と心の全体を把握し、総合的な小児診療ができる
  2. 救急患児を診て、適切なトリアジーと救急医療ができる
  3. 家族との信頼関係を築き、プライマリーケアができる
  4. 小児のcommon diseaseのみならず先進医療に携わる
  5. 病態の研究の現場に参加してその実際を経験する
  6. 経験した症例の学会と論文発表を年1回以上行う
  7. 小児科学会専門医取得に必要な症例を経験する
  8. 小児subspecialty学会の専門医のための研修を開始できる
  9. 小児科専門医の受験資格が取得できる
科の特色
  1. 当院は24診療科を持つ地域の中核病院、救命救急センター、三次救命救急指定病院および小児科学会専門医研修施設で、スタッフは全て小児科専門医である
  2. 豊富な一般と救急の小児疾患と新生児医療が経験できる
その他
  1. 当院小児科は、滋賀医科大学の関連研修病院である。小児科subspeciality学会専門医取得と先進医療の経験の目的から、滋賀医科大学小児科学講座との連携研修を行っている
  2. 研修期間中に、小児科学会専門医取得のための研修のみならず、小児の神経疾患、代謝・内分泌、血液・腫瘍、アレルギーまたは新生児・周産期医療などの小児subspeciality学会専門医の受験資格を取得することができる
  3. 小児の臨床・基礎研究に興味のある方は、大学院への進学もできる

>> こちらのページにて当院小児科の概要等を掲載しています

連携関連大学診療科
滋賀医科大学小児科学講座