臨床研修 後期臨床研修

HOME > 後期臨床研修 > 他診療科 > 脳神経外科

後期臨床研修プログラム

脳神経外科
対象

前期臨床研修医制度修了者または修了予定者

期間

4年間

一般目標

臨床医にとって最も重要な資質は、

  1. 迅速かつ正確な病態把握と治療手技
  2. 患者に共感しつつ治療方針を伝える能力

である。
研修では、出来るだけ多くの患者に接し、これらの資質を徹底して養うことを目標とする

個別目標
1年目:
患者の全身管理とそのために必要な診療手技を習得する。脳卒中、頭部外傷など、神経救急疾患の初期治療を的確迅速に遂行する。CT,MRIなどの画像読影、脳血管撮影の手技を習得する。穿頭手術を術者として遂行する。基本的な開頭手技を習得する。顕微鏡手術の手技をラボでトレーニングする
2年目:
通常の開頭手術を術者として遂行する。種々の神経救急疾患に主治医として対応する。顕微鏡手術の基本手技を習得する
3年目:
種々の開頭手術手技、顕微鏡手術の技術を習得する。脳動脈瘤、微小血管吻合などの顕微鏡手術を術者として担当する
4年目:
頭蓋底外科、深部脳病変の手術手技を習得する。小児脳神経外科、脊髄外科など、当科では経験が不足がちな分野を他の専門施設で研修し、専門医資格試験に備える
科の特色

特定の大学(医局)のコントロールを受けず、専門医を養成する脳神経外科学会A項施設に認定されている。脳卒中センター、三次救命救急センターを備え、重症脳卒中、重症頭部外傷の診療実績は京滋でトップクラスである。スタッフは脳卒中専門医、救急専門医、血管内治療専門医、神経内視鏡技術認定資格を持ち、互いに緊密な連携を保っている。患者診療がすべてに優先するという姿勢が関係各部門に徹底している

その他

研修終了後、スタッフとして勤務することも可能である。さらなる専門領域(末梢神経外科、脊髄外科など)や、学術/研究活動を目指す場合には、国内国外を問わず、適切な施設を紹介斡旋し、将来にわたってサポートする。充実した診療活動には休息が重要であり、夏季、年末年始には最長2週間の休暇を確保するとともに、普段からonとoffをはっきり分けている

>> こちらのページにて当院脳神経外科の概要等を掲載しています