臨床研修 後期臨床研修

HOME > 後期臨床研修 > 他診療科 > 眼科

後期臨床研修プログラム

眼科
対象

前期臨床研修医制度修了者または修了予定者

期間

3年間(京都府立医科大学眼科学教室との連携研修を含む)

一般目標

眼科疾患の病態を理解し、眼科専門医として必要な診断技術、基本的処置、手術手技を習得する

個別目標
  1. 眼科疾患の診断に必要な各診察機器の使い方を習得し、前眼部〜眼底まで正しく所見が判読できる
  2. 診断に必要な眼科検査の意味を理解し、各検査法を習得する
  3. 眼科疾患に対する幅広い理解を深め、確定診断に必要な検査を的確に選択できる
  4. 薬物治療、処置、手術治療の長所、短所を正しく理解し、最適な治療法を選択できる
  5. 基本的な眼科処置、眼科手術手技を習得する
  6. 眼科専門医の受験資格を取得できる
科の特色

主要疾患である白内障、網膜硝子体、緑内障を中心に治療を行っているが、眼瞼や斜視など幅広い症例があり、手術症例も多い

その他

幅広い眼科知識の習得という観点から、通常、最初の1年間は京都府立医大での研修となり、基本的な臨床知識などを習得後、当院での研修となる(大学との連携のもと研修が完結する)

>> こちらのページにて当院眼科の概要等を掲載しています

連携関連大学診療科
京都府立医科大学眼科学教室