臨床研修 後期臨床研修

HOME > 後期臨床研修 > 他診療科 > 麻酔科

後期臨床研修プログラム

麻酔科
対象

前期臨床研修医制度修了者または修了予定者

期間

3年間

一般目標
  1. 一般の全身麻酔や区域麻酔に加え、心臓血管・脳神経・呼吸器などの専門領域の麻酔や救急集中治療・疼痛治療をスタッフの指導の下で主体的に経験しながら幅広く症例を重ねる
  2. 当院は救命救急センターを有しており、手術室業務のみでなく救命救急センターでの研修も希望により行う
個別目標
  1. 様々な疾患の周術期管理をすべて経験し、総数で約1,000件(3年間)の麻酔管理件数をクリアーする
  2. 研修終了後は厚生労働大臣による麻酔科標榜許可を得るとともに、日本麻酔科学会の麻酔科認定医資格を取得する
  3. その過程で遭遇した問題の解決や知識の共有をめざす臨床研究や症例報告も大いに奨励される

なお、心臓麻酔、新生児麻酔、ペインクリニックに関しては京都府立医科大学麻酔科学教室にて研修を行う

科の特色
  1. 当院は救急救命センター併設病院として忙しい面も確かにあるが、「仕事は楽しく、オン・オフをはっきりと」をモチーフとする部長の下、全員がチームワーク良く楽しみながら働いている
  2. 麻酔科医の需要が供給を大きく上回る現状は当分の間は全国的に続く見込みである。麻酔科専門医や救急診療科専門医となった後は、当院はもとより全国各地の施設で、自分に適した条件で思う存分に活躍することができる
その他

>> こちらのページにて当院麻酔科の概要等を掲載しています

連携関連大学診療科
京都府立医科大学麻酔科学教室