臨床研修 後期臨床研修

HOME > 後期臨床研修 > 他診療科 > 救急集中治療科

後期臨床研修プログラム

救急集中治療科
対象

初期臨床研修医制度修了者または終了予定者

期間

3年間

一般目標

当研修プログラムは2年間の初期臨床研修終了後、3年間の救急医療を通して様々な救急疾患を経験することで救急集中治療科専門医の取得を目指す。救急車搬入例、救急外来受診例を数多く経験することで、救急患者の初期診療技術を学ぶとともに、診断確定のプロセスとその後の専門治療まで学ぶことを目的とする。あらゆる救急患者に1人で対応し、適切な初期診療を行い、適確な診断および専門医へのコンサルトを行える技術の習得を最終目標とする

個別目標
  1. 救急患者に対する基本的な診療技術を身につける(問診、身体診察、検査計画、適切な指示)
  2. 救急患者に対する基本的な検査法を理解し、説明できる
  3. 様々な症候を示す患者の初期診療を行い適切な診断が行える
  4. 診断確定後に適切な専門医にコンサルトして治療方針を決定できる
  5. 脳卒中患者に対する適切な初期診療と診断が行える(特にt-PA症例の)
  6. 外傷患者に対する適切な初期診療が行える
  7. 多発外傷患者に対して各専門医とともに集中治療が行える
  8. ショック患者に対する適切な初期診療と原因検索(診断)が行える
  9. ICUにおいて呼吸循環管理が行える
  10. 心肺停止患者に対する適切な蘇生処置が行える
  11. 救命救急士が救急現場において実施する医療行為の内容を指示、指導、助言できる
  12. 災害医療に対する基礎知識を学び、可能ならDMAT研修に参加する
  13. 救急集中治療科専門医を取得し、サブスペシャリティーの取得を目指す
科の特色

 救急集中治療科専門医(救急医)は「病気やけがなどによる救急患者を診療科に関係なく対応し、適切な初期診療を行った後に、病気やけがの種類や程度に応じて適切な診療科医師と連携して治療に当たる」と定義される。救急医は内科や外科といった従来の縦割り医療とは異なり、どのような疾患にも対応できる柔軟性を有している。また、従来の縦割り医療では治療が難しい疾患(多発外傷、熱傷、中毒、脳卒中、ショックなど)の入院治療も担当する。とくに生命に関わる重症患者は、ICUで集中治療を行う。さらに救急医療制度、メディカルコントロール体制、災害医療などに深く関わり指導的な立場を発揮する
 当院は滋賀県湖南地域で唯一の三次救急施設であり、あらゆる救急患者に対応できる体制を整えている。とくに当院は名神栗東インターのすぐそばにあり交通の要所に位置していることから、交通事故の急患は非常に多く、救急医が中心に初期診療を行い、診断が確定した後は専門医のもとで高度医療を受けられる体制をとっている。また、救急車搬入例だけでなく、他院からの紹介例や歩いて受診された救急患者例も全て救命救急センターで救急医を中心として診察を行っている
 平成19年の1年間の救急患者総数は26,467例であり、このうち救急車搬入例は3,331例、紹介例は1,532例、救急外来受診例は21,604例であった

その他

久留米大学病院高度救命救急センター(三次救急施設)との連携があり、後期研修医の希望により6ヵ月から1年間の研修が可能である。また、希望すればドクターヘリによる現場からの病院前救急診療についても研修可能である

>> こちらのページにて当院救急集中治療科の概要等を掲載しています

連携関連大学診療科
久留米大学病院高度救命救急センター