臨床研修 後期臨床研修

HOME > 後期臨床研修 > 他診療科 > 病理診断科

後期臨床研修プログラム

病理診断科
対象

前期研修2年を終了した若手医師を対象とします。定員は1名/4年です

期間

基本的には4年

一般目標
  1. (社)日本病理学会認定病理専門医取得を一般目標としています
  2. 専門医取得のために大学の病理学教室への入局は必要ではありませんが、希望があれば滋賀医科大学病理学講座への入局が可能です(他大学病理学講座への入局は原則として認めていません)
個別目標
  1. 病理組織診断ができる
  2. 細胞診断ができる
  3. 術中迅速診断ができる
  4. 病理解剖ができる(死体解剖資格を取得する)
  5. 病理解剖学的診断ができる
  6. 研究会や病理解剖症例検討会(CPC)で適切な病理解説・ディスカッションができる
  7. 学会で症例報告や研究に関する発表・ディスカッションができる
  8. 症例報告や研究に関する論文を執筆することができる
  9. パラメディカル・学生に対して適切な指導・教育ができる
  10. 臨床医に対して適切なアドヴァイスができる
科の特色

基本的に、病理医が直接患者さんに接することは少ないですが、多くの疾患で確定診断とされる病理診断を行うことで、臨床医学において大きな役割を果たしているといえます。このように重要視される病理医ですが、現在、諸事情による医師の不適正配置もあるのでしょうか、滋賀県でも不足しており、地域の拠点病院にすら常勤病理医が行き渡っていないのが現状です。幸い、当院では病理専門医と医学博士号の両方を持った2名の常勤病理医が勤務しており、後期研修には最適な環境が用意されているといえます。病理(診断)学を専攻し、済生会滋賀県病院とともに、少しでも滋賀県全体の医療に貢献しようという、熱いハートを強い意志で包んだ先生方をお待ちしています。なお、次世代を育成するという重要な仕事を兼務されるであろう女性の先生方には、病理(診断)学を専攻されることによって、家庭と専門職の両方の充実を望みうることも付け加えさせていただきます

その他
  1. 病理(診断)学を専攻される先生には、可能な限り医学博士号取得をお勧めしています
  2. その際、研究は滋賀医科大学・名古屋医療センター・国立がんセンターなどと連携して行います
  3. 後期研修の詳細については、病理診断科まで直接お問い合わせ下さい。見学・面談も歓迎します

>> こちらのページにて当院病理診断科の概要等を掲載しています

連携関連大学診療科
滋賀医科大学病理学講座