外来診療を受診されるみなさま

HOME > 外来診療 > 診療科のご案内 > 小児科

診療科のご案内

診療科一覧

小児科
  • 概要
  • 医師紹介
  • 診療実績
概要

 市内唯一の小児科病床を持つ病院として、滋賀県湖南・甲賀小児医療圏の地域小児科センターとして、急性期疾患を中心に診療に当たっています。また、滋賀県が定める周産期協力病院として新生児医療も行っています。
 院内各科、近隣の小児科医院、病院小児科、滋賀医科大学付属病院と連携を密にとり、ご家族のみなさまとも力を合わせ「おとなみんなでこどもを守る」小児科を目指しています。

特徴

 > 診療実績はこちら

一般外来診療

 周辺に小児科専門医の開業医院が多くあり、かかりつけ医を持たれることをお勧めしています。かかりつけ医から検査、治療が必要とされ紹介された方を中心に、診療にあたっています。
 専門医により小児神経外来(てんかん、発達障害など)、小児循環器外来(先天性心疾患、不整脈、川崎病など)、小児内分泌外来(低身長、糖尿病、甲状腺疾患等)を行っています。
 

救急診療

 平日日中は三次救急施設として内科系小児疾患の救急車受け入れに加え、救急科・各外科と連携を取り、外科系小児患者さんの対応も行っています。
 また、15歳以下の重症症例(けいれん、アナフィラキシー、交通事故など)には、救急医とともに小児科医がドクターカーで出動し、病院前診療を行います。これは、全国的にみても類をみない取り組みです。

 夜間など時間外は、野洲病院、守山市民病院、近江草津徳洲会病院とともに輪番制度をとり、地域で24時間365日小児科医が対応し、必要ならば入院できる体制を整えています。また、日祝日、年末年始は湖南圏域休日急病診療所とも連携をとり診療を行っています。

 > 小児救急体制についてはこちら

 ・草津栗東医師会(湖南広域休日急病診療所)
  http://www.kusatsu-ritto.shiga.med.or.jp/kyujitsu.html
 ・湖南広域行政組合(急患・急病のときの対応について)
  http://www.konan-kouiki.jp/kyukyuiryojimukyoku/sos.html/h24-kyukan.html

 > ご家庭で救急受診が必要かどうか迷われる時にはこちらをご覧下さい。

 > 診療実績はこちら

 

入院診療(新生児以外)

 肺炎、胃腸炎、尿路感染症などの感染症を中心に、気管支喘息、川崎病、てんかん、腎炎、腸重積、糖尿病など全ての小児疾患の初期診療を行っています。
 また、小児の頭部外傷や異物誤飲、熱傷(やけど)なども、脳神経外科、消化器内科、皮膚科等と連携をとり、全身管理を行っています。
 MRIなど麻酔薬による鎮静が必要な乳児、幼児の検査は、安全のため入院管理を行っています。アナフィラキシー症状の出現が予測される食物負荷試験や、成長ホルモン負荷試験も入院で行っています。
 より専門的な検査、治療が必要な症例に関しては、滋賀医科大学付属病院の小児科、小児外科と連携を取り、診療を行います。

 軽症と思われる症例でもご家族の希望があれば、入院の上、観察を行います。この場合は点滴や血液検査など子どもたちに不要な侵襲的処置を行わず、医師、看護師が一緒になり、ご家庭でのホームケアを学んで頂きます。
(発熱時の対応、水分の取り方、注意が必要な症状の観察など)

 > ホームケアの詳しい説明はこちらをご覧下さい。

 

入院診療(新生児)

 院内外の産婦人科と連携し、ハイリスク症例には分娩から小児科医が立会い、管理を行います。出生後に異常が認められた場合も速やかに小児科医が対応します。
 また、近隣産婦人科医院で出生後に異常がみられた新生児の受け入れも行っています。必要に応じて総合周産期センター(滋賀医科大学、大津赤十字病院)、地域周産期支援病院(長浜赤十字病院、近江八幡市総合医療センター)と連携をとり、診療を行っています。

・滋賀県周産期医療ネットワーク
 http://www.pref.shiga.lg.jp/e/kenko-t/syusanki/syusanki02.html

 > 診療実績はこちら

 

認定

日本小児科学会小児科専門医研修施設
日本周産期・新生児医学会母体・胎児研修施設(補完施設)