各部門のご案内(コ・メディカル部門)

HOME > 各部門のご案内 > 通院治療室(外来化学療法)

各部門のご案内

部門選択

通院治療室(外来化学療法)
通院治療室(外来化学療法)とは

 通院治療室(外来化学療法)にようこそ
 通院治療室は通院で抗癌剤治療を行う患者さまのために、より快適に、かつ安全に治療を受けていただけるように考え、新病院が開院した平成16年6月より診療を行っています。
 治療には主治医の医師からの予約が必要です。お問い合わせは通院治療室または病診連携室にまでお気軽にご連絡ください。

@ご利用可能な患者さま

 主治医が抗癌剤の静脈点滴や動脈への注入加療が外来で可能であると判断された方。
 消化器癌、肺癌、婦人科系癌、血液疾患

通院治療室(外来化学療法)の場所

A通院治療室の場所

 3階、内科外来6ブロック・内視鏡センター前です。

B設備

 点滴台・TVを完備した電動リクライニングチェアーとベッドを合計で7台を配置しています。
 感染予防やプライバシーに配慮し、カーテンで仕切られていますので、安心して快適に治療を受けていただくことができます。
 治療ベッドを十分に観察できるように、看護師のセンターは中央に配置し、患者さまの安全管理に努めております。

 長時間の治療で快適であるように、TV付きのベッド、リクライニングチェアーを広いスペースに用意してあります。
 急変時の処置にも、対応できるように酸素・吸引など配置してあります。
 加療中の患者を十分に観察できるように、看護師センターを中央に配置してあります。

 採血した検体、ミキシングされた抗癌剤はエアシューターで搬送し業務効率を改善しています。

C担当看護師制

 患者様の状態を十分に把握し、医療を受ける上で、さまざまな問題をお聞きするのに、当院では患者さまに対して一人の看護師が担当する事を原則としています。

D専任薬剤師制

 薬剤師の抗癌剤治療の専任者を置き、通院治療室(外来化学療法)での抗癌剤治療薬の種類、副作用の種類やその起こる時期などについて詳しく説明させていただきます。また患者様の服薬記録を管理しており、より安全な治療を受けていただけるように努力しております。

治療当日の検査・診察・治療について

 疾患や病態により若干の違いはあります。詳細は担当医・担当看護師にご相談ください。
 基本的な治療の流れについてご説明いたします。

治療当日に血液検査を必要する場合

1) 通院治療室で採血を受けてください:検査は予約されています。

2) 各診療科で主治医の予約診察を受けてください。
 検査結果を確認し診察の上、主治医が当日の治療を決定します。

3) 通院治療室にて治療を行います。

治療当日に血液検査をせず医師の診察もない場合には通院治療室に予約時間に来院してください。

通院治療室(外来化学療法)の役割

 現在は高齢化社会を迎えており、癌で死亡される患者さんは増加しています。
 癌患者さまの治療は今までは長期な入院による治療が行われていました。しかし入院にともなう拘束は生活の質QOLを低下させることにもなりました。さらに入院による経済的負担も切実な問題となっています。特に予後の不良である癌の場合には、できるだけ継続し治療を行う必要があります、かつ入院期間を短くすることが重要です。
 近年、安全性が高く、副作用の少ない薬剤が開発されたことも助けとなり、外来での癌患者様の治療は増加してきました。このような背景から、外来で抗癌剤治療を安全に快適に行えるスペースが必要となってきたからです。

外来化学療法実施件数

化学療法年間実施件数